2010年10月05日

Indigo

indigo_b009.jpg

同人サークル「半端マニアソフト」さんの新作「Indigo」
面白すぎ楽しすぎ
はあ、ヒールさん好きだ・・・・・・
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

予約済みゲーム

2/23 バテン・カイトス2(任天堂)
3/30 ファンタシースターユニバース(SEGA)
4/13 テイルズ オブ ザ テンペスト(ナムコ)


予約はまだだけど4/20には「MOTHER3」買います
発売日決まってないけど「戦国BASARA2」も買います

絶対









そのまえにアビスをクリアしなくちゃ〜・・・・・・・たらーっ(汗)


まだ参加しているらしい人気blogランキング
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

2006年

あけましておめでとうございます


今年もよろしくお願いします




アビスはいまだクリア出来ず
新年になってもゲームの時間を作る余裕がありません
今年の目標は「時間配分ができるようになる」にしよう
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

こまったね

 ドラゴンフォースの発売が延期しちゃっているんですよね。

ここをどうしようか考え中、考え中。

閉鎖はしたくないです。
テイルズオブレジェンディアを始めたらそりゃもう叫びたいことが湯水のように湧いてきそうですから。
叫び場としてここはとっておきたいものです。

しかし放置されているblogに検索でたどり着いた時はちょっと空しくなりません?(←そんなら放置するな)



人気blogランキングへ
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月31日

休止中

 6月30日にドラゴンフォースが発売されるまではここの更新はブログペットのひとりごと以外行われない予定です。
テイルズもグランディアも、小出しにされる情報にそれほど大きな驚きを感じないのです。
心が動かないのに感想を書こうとした所でそれは楽しいものにはなりません。(読む側にも書く側にとっても)
そこで書ければプロなんでしょうが、私は紛れも無いシロートなのです。
本当に、つっっっっっまんないものしか書けません。
今まで書いてきた記事も読み返してみると「つっっまんないなぁっ!」とココロ枯れまくり。
こんな状態ですと情報だけで期待が沸くこともほぼ有り得ません。
ここに書き記さなければ楽しみな気持ちが膨れ上がって体ごと破裂しそう!という気分にもなりません。
吐き出さなければいられない、持て余すほどの感情が記事を書く原動力なのですが実際に面白いゲームをやらなければそんな気分になることはなさそうです。

無理に書こうとするのは止めます。

こんな訪れる方も極少な過疎ブログでこんな言い訳をするのも馬鹿らしくお見えになるでしょうが、これは自分への言い訳なのです。
無理に何か書こうとしなくていいと自分に言い聞かせるためのものなのです。

ともかくドラゴンフォース発売までは新たにゲームをやることもないのでここの更新はありません。
こうさぎの「さはら」のエントリーだけとなります。

 それまでに何か法螺貝吹いて世界中に喜びを知らせたくなるようなビックリ情報が出てきたらきっと何か書きますが………もう驚けるような情報なんて出てこないよね。

 それでは1月後、ドラゴンフォース感想で再開した時に再びお会い出来ることを祈って。
(;−;)/~ぴかぴか(新しい)


P.S. 記事の更新はしませんがコメントとかトラバのチェックはしに来ます。
さびしんぼうなので。
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

トラックバックがわからない

 トラックバックがわからない。
これは強制的にリンク張られる装置なのだろうか。


こんな閑散とした閑古鳥鳴きまくりブログですからね
たま〜にトラックバックされるとそりゃ嬉しくてうきうきしながら見に行っちゃうわけですよ
ここの記事を見て何か発見があったのかしらとか同志を見つけたのかしらとかさ
そりゃもうはじめてのおつかいに行く子供みたいに期待と不安を入り混じらせた目をしながら見に行くわけですよ


それが元記事には何の関係もない内容でこちらへのリンクも張られていない、いかにも検索で引っかかったからとりあえず張ってみたーって感じがするのだと落ち込むんですよ

トラックバックって何なんですか?
『そちらの記事に触発されてこのような記事を書きました』とお知らせする機能だと思っていたのですがそれは間違いでしょうか


Tales Of Fanはアフィリエイトブログの広告サイトじゃないんですよ〜もうやだ〜(悲しい顔)


第一こんなブログで広告出したってほとんど効果ないですよ
訪問者数だって激減しているんですし・・・(アイタタタタ)

だけど塵も積もれば山となるとも言うか
つまりここは塵か・・・・・・orz(自分で言って自己嫌悪)
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | ゲーム四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

うぇぶはくしゅ

左側にあるWeb拍手にむかしむかーしに書いたテイルズオブデスティニーの小話を一つ放り込みました。
暗いです。殺伐とした空気です。パーティーの間に決定的な亀裂があると仮定しています。


これ、書いた時にちょこっとあるところで発表したものなんですよね。
万が一、見覚えのある方いらっしゃったらメッセージください。是非ぜひゼヒ。
当時の知人たちに会いたいんです・・・・・・(ここを見ている確率は何億分の一だろうね〜)

もちろん見覚えのない方でもメッセージ残していただけるとごろごろと転がりながら喜びます
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

バンダイ×ナムコ

バンダイナムコホールディングスか〜・・・・・

これが消費者にとってどうメリットをもたらして、どうデメリットをもたらすのか。
それは今の時点では全てが推測でしかないし。
これはマクロで考えると会社の合併問題ではあるけれどミクロで考えれば人と人との新たな出会いでもあるのかもしれないし。
働く人たちの創造力に刺激を与えて、それをきちんと企画の土台に積み上げられる人が上に居れば、消費者にとっては問題ないんじゃないかと思うわけさ。
経営に余裕ができて、技術者たちに冒険させる余裕が出来ればいいんじゃないかと思うわけさ。(実際に経営がどうなるかはまだ分かりませんけれどね)



それはどうでもいいとして(いいのか!)、さし当たって私が一番気にしているのは
バンダイナムコって語呂悪い。

ナムコバンダイの方が言いやすい気がするのは♪何でだろ〜
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

ダーククロニクル

ただいまベストなお値段1800円(税抜き)で買えちゃうダーククロニクル

以前購入したきり積みゲーになっていたものの一つです

もったいないのでやってみよーと思ったわけですヨ

最初の5時間くらいはダルくてダルくて仕方なかったんですけどさ

武器の強化が進んで敵をなぎ倒せるようになると病み付き


これはどうやら8章まであるようデス

そして私はただいま第4章序盤、プレイ時間 43時間

ちょこちょこと武器の強化をするのが楽しくて楽しくて楽しくて・・・・・

あと何時間やれば終わるんだ、てゆーかあと何時間で終わらせるんですか?>自分


人気blogランキングへ
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月07日

ナムコレクション

「namCollection」発売延期ぃー?

namCollectionとは「リッジレーサー」、「鉄拳」、「エースコンバット2」、「風のクロノア door to phantomile」、「ミスタードリラー」の5つのゲームをまとめてPS2に移植してお値段3990円というお得なセットなのです

お得とは言うものの、既に持っている人の多そうなソフトの詰め合わせ
「買っちゃおっかなぁ〜♪」なんて期待してた人なんて、日本に10人くらい(私含む)しかいないんじゃないかとも思うのだよ
前半3つと後半2つで購買層が違いそうだし

でも3990円なら1つでも気になるゲームがあるなら、2つあるなら完全に買い!って思いますけどどうだろう?


このまんまささーっと流されて発売日未定のまま2年くらい経ちそうな予感もしますが杞憂で終わってくださいよ。ね?



人気blogランキングへ
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月30日

大森さん…?

昨日ジャンプを立ち読み(…)したところ新作ゲーム情報が目に飛び込んできました

そこでどっかで見たような絵が
これって……大森葵さん


サモンナイトは興味なかったので公式ページも見ていなくて、ジャンプで初めて知ったんですヨ
キャラデザが黒星さんじゃないってことは知ってたんですが、まさか大森さんだったとは


大森さんがゲームのキャラデザするのはもしかして「ラストスタンド」(ワンダースワンで出たシミュレーションゲーム)以来でしょうか
あのゲームの汎用キャラのデザインはほんっっっっっとーにかっこ良かったデスよ!!!!!
リメイクであのイラストを忠実に再現したグラフィックのラストスタンドが出たら人気出そうな気がします
ワンダースワンのドット絵じゃあの細かい設定は見る影もありませんでしたからネ・・・
そのかわり攻略本はイラスト集と化していたのもいい想い出・・・・


サモンナイト新作にちょっと興味湧いたかもvv(でもきっと買いません)


人気blogランキングへ
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月04日

DS新色!

 3日はPSP版TOEの発売日でしたね。
私は当然のように買っていません

追加要素も無さそうですしね。
あれば既に公式で発表されているでしょう。
そんな大きな売りをわざわざ隠しておく必要性も感じられないですし。


 PSP本体も色が黒一色しかないうちは買わないだろうな〜と思っていたら、

あらあらあら

DSは四色追加ですってよ奥様!

欲しい…欲しいよターコイズブルー

ふ、ふ、ふふふふふふふふ
逆転裁判が出たら買うぜ買うぜ買っちゃるぜー!

DSを買うテンションはますます高まっております。
PSPも早くミリョク的なカラーとかソフトとか出ないかなん。

人気blogランキングへ
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月29日

二つ合わせてナムコン?

悪い冗談だと思っていたんですが



ナムコとカプコンでスパロボってカンジ?



製作モノリスソフトならバテンカイトスも登場させて欲しいんだけどな〜なんて。



とりあえず面白い作品になることを祈ってマス。


人気blogランキングへ
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月25日

PS2互換性の落とし穴

 やぁれ、これは困りましたぞ。

プレステ2でプレステのゲームを遊んでみようと思ったら!

PS2のメモカではセーブ出来ないデスヨ!?

なんてことでしょ!!!!!

・・・・・もしかして常識でしたか?
・・・・・・・・・知らないのは私くらいですか?
これを見ている皆様、そんなことも知らない奴がいることに驚かれておりますでしょうか。


 驚いていても仕方ないのでプレステのメモリーカードを使ってみました。

・・はれ?・・・・・・PS2本体が認識してくれませんよ???

もしかして・・・非純正品は読み込みませんか?

困った、かなり

純正品を買って来いと・・・・?

いや、それよりこの非純正品メモリーカードに詰まったセーブデータたちはどうすれば良いのだ。
このセーブデータで遊びたくなったらどうすれば良いのだ。
うちのプレステは連続稼働時間が30分以内という健全な青少年を育成出来るプレステですよ?

不健全な青少年には我慢ならないプレステで遊ばねばならないのか・・・・。

 プレステ壊れてもPS2があるからいいやーって軽く考えてたのに。甘かったデスヨ。ちょと落ち込み。

人気blogランキング
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月19日

胸に留め置くこと

渾身猫パンチさんの「まとめるつもりなんざありゃしねぇ
毎週大河ドラマ「新選組!」の感想を優しさと厳しさを持った視点から書かれていて、足繁く通っていたサイトさんでした。

なんでその新選組!サイトをここで紹介するのかというと自分への戒めと言いましょうか、頭の中に留めて置きたいものがあると言いましょうか。
こんなゲームの感想ブログにリンクを張るのも気が引けて今までやっていなかったのですが、改めてあちらの記事を読んでやはりこれは留めて置くべきだろうと思いリンクしてみました。

特に『何かを「嫌い」と言う人より「好き」と言う人のほうが、たいていその何かについて多くを見ている。だから「嫌い」と言うときは心持ち謙虚になっておいたほうが間違いはない。』このくだり。

好きであることを誇りにする人は多くても嫌いである事を誇りにする人は少ない。
たぶんそれは『多くを見ている』自負の差なんじゃないかな。
嫌いと言う言葉を使う時、自分は狭量な人間になりがちで視野も狭まるのを感じる。

私はちゃんと良い所も見ているのかな。その上で嫌いと言っているのかな。

色々な作品に抱いた感想を綴るに当たって忘れたくないことがある。
出来る限り多くをみること
嫌いな気持ちに捕らわれないこと
好きという意見を見下さないこと

誉めることが苦手で否定意見のみを綴りがちな自分への覚え書き。
『全ての娯楽が人を幸せにするためにある』のならこの日記だってそうありたい。


人気blogランキング
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月28日

検索ワード

 ここのseesaaブログにはアクセス解析が付いています。
正直、アクセス解析の存在意義やら使い方はよくわかんないのですが・・・検索ワードというのを見てみたところ、「新選組!」で検索して来られた方がいらっしゃるようで。
この解析データに間違いがないとしたら、その来られた方には申し訳ないような、でもありがたいような。

 ちなみにテイルズという検索ワードはありませんでした。
テイルズ目的で来られる方がいらっしゃらないということですか、これは。
本題から外れまくりブログです。
しかしその本題のテイルズを全然誉めてないブログですが。
おかしい、テイルズを愛しているのは紛れも無い事実なのに・・・。
ここは愛ゆえに注文が多くなってしまっているのだということで自分を納得させます。

 「新選組!」で来られた方、ご期待に添えず申し訳ありません。
でもウエさんは新選組!大好きデスヨー。
先日の総集編もがっつり録画してバッチリ見ましたよー。
「どんとこい!新選組!」は面白すぎデスヨ・・・・。
DVDは完全版も総集編も買いたいです。(合計8万円弱という目ん玉飛び出そうな金額ですが。どうやって出そう、そんな金額)


 リバースエンディングねたばれでも語ろうかと思っていたんですが、それはまた後日。
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月13日

PSPの発売日だったっけ

 そういえば昨日はPSPの発売日でもあったんですね。
ニンテンドーDSの時は覚えていたんだけどな(^^;
私は両方とも買ってないです。

 ニンテンドーDSは「逆転裁判シリーズ」か「バテン・カイトスDS」が出たら購入します。
PSPは「T.O.E」が出るらしいけど…テイルズオブエターニアのちょこっと新要素を追加した移植ってだけなら買わない…かも。

携帯ゲーム機は好きなんです。
ゲームを遊ぶという行為が据え置き型ハードよりも「ちょっと空いた時間」にするりと潜り込ませ易いと思うのです。
据え置き型ハードはテレビの電源入れて、ハードの電源入れて、コントローラー持って……とゲームをするための構えが必要なんですが、携帯ゲーム機ならテレビの電源入れなくていいですからね。
段階が一つ減るだけで何て気楽♪(つまりズボラということ)

でもエターニアはそんな気楽にちょっと空いた時間にやりたいゲームかしらと聞かれると…うーん……。

とりあえず両方とも買うのはまだまだ先になりそうなので、それまでにカラーバリエーションが増える事を希望!
パステルカラーのキレイなのが出ないかな♪
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新選組!で号泣。はて?ゲームで泣いた事は?

 昨夜は大河ドラマ「新選組!」の最終回でした。
世間様では色々批判も多かった作品でしたが私はこのドラマが大好きで毎週欠かさず見ておりました。
幕末に生きた志士達ひとりひとりの思いが、信念が胸に迫って、この一年間彼らと共に悩み苦しみ笑い、そして泣きました。
そして最終回、当然のように号泣。
まぶたが腫れて重くて仕方ありません。


 そんな風に私はドラマ、漫画、小説で泣く事が非常に多いです。
まぶたが腫れるほど泣くのは流石に少ないですが、涙をぽろぽろこぼす事はしょっちゅうです。
が、しかし、ゲームでは滅多に泣きません。
不思議なくらいに泣けません。
ドラマや小説では明らかに「泣かせ」のちょっと狙いすぎだろうと思う場面でも作者の思惑にまんまと乗って涙を流すのですが、ゲームだとホント泣けません。
何が違うんだろう……?
RPGやAVGなんかは泣けそうなシーンがたくさんあるのに。


 全然泣いた事ないわけではないんです。
「グランディア」は呆れられるほどマジ泣きしました。
あらゆる場面で泣きました。
製作スタッフもここまで泣く人間がいるとは考えていなかったんじゃないかと思うくらいに泣きました。
旅立ちの朝、リリィさんからの手紙を読むシーンでまずボロ泣き。
そのあとも何かにつけて泣いてましたね。

でもこの作品以外にそこまで泣いたゲームはありません。
涙を流す流さないは感情移入の差だと思うんですが、他のゲームとグランディアの差は未だ分かりません。
漫画や小説だとたいして面白いと思わない作品でも泣くのにな。
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月12日

エンカウント率高っ!

安売りしていたのでPS2版天外魔境2を購入。
ちょこっとやってみたのですがエンカウント率が鬼のように高くないこれ!?
昔のRPGってこんなものでしたっけ;;
ウエさんは軟弱なのでこのストレスに耐えられません。
求む。聖水かホーリィボトル!(相当切実)
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。