2005年07月22日

えたーにあオンライン

『テイルズオブエターニアオンライン』クローズドβテストついに開始

ようやく開始ですか。やれやれ
長かったですねぇ。

私は使用PCのスペックが足りなかったためテスターに応募していませんが、応募していた人のヤキモキ度は私の比じゃないでしょう。
テスターに当選した方はどうぞ楽しんでください。
そしてより良いゲームになるようアイディアを出しながら遊びたおしてください。
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テイルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

そういえば

6月30日にドラゴンフォースが発売してからここは復帰すると書いておきながら

結局発売が延期してしまったのでどうしようと書いておきながら



そんなこと忘れきって何気なく更新してました



これからもこんなカンジで参ります。



テイルズオブレジェンディアへの期待感は私の中で順当に高まっております

やっぱゲームは動いてナンボだね
店頭でプロモーション映像見ると胸が高鳴るもの
キャラがたったかフィールド走り回っているだけでもね
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テイルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月11日

8月25日だ!

同志よ! カレンダーに印はつけたか!


八月二十五日赤丸はつけたか!



私はつけた!



テイルズへの思いの丈を込めて丸をつけるだけに留まらず、グリグリと力一杯塗りつぶした!

塗りつぶし過ぎて25の文字が読めなくなったことはスルー! まわれ右!


これから8月末まではこれを心の糧として生きていくこととする!Yes!


人気blogランキング
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テイルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

発売日の噂から

今のところネット上を飛び交っている噂によると

テイルズオブレジェンディア 7月28日

グランディア3 8月11日


発売予定


テイルズはともかくグランディアは信憑性に難アリのようですケド


仮にこれが実際に敢行されたら二つのゲームの間は二週間
レジェンディアに費やせる期間が二週間

出来るか私。やるんだ私。がんばれ私。


同じよな計画立てている人いないのデショウカ
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | テイルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月27日

宝くじって何

必ず当たる「テイルズジャンボ宝くじ」。











































テイルズウィーバーかYO!

見出し前半だけ見て胸躍らせてしまったではナイカ!


あのトキメキ返して!


(ここの人は「ディプスファンタジア」を「テイルズオブファンタジア」と読み違えるeyesの持ち主です)


人気blogランキング
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テイルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

発売予定日のウワサ

「ゲーム屋店員の戯言」さんで見たお話です。

テイルズオブレジェンディアが7月28日発売予定の欄に入っております。
信憑性にやや欠けるけれどありえないことはないそうです。

たしかに今の発表ペースを見ていると夏には出したがっているようにも見えますよね
むむむむむ、夏が待ちきれなくなりそうですヨ


そこでひとつ切望する事が

一ヶ月なんて贅沢なこたぁ言いやせん
せめて半月!

グランディア3と発売日ずらして


かぶったら泣く
マジ泣く
布団かぶってオイオイ泣いてやる
(ゆうしゃよ そなた なんさいになったのだ)


人気blogランキング
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | テイルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

足跡掲示板(BlogPet)

きのう、試験しなかった?
うえので、試験した。
さはらはエントリーしたかった。


*このエントリは、BlogPetの「さはら」が書きました。
posted by 植野砂原 at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | テイルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

カレギア見聞録

買ってきた買ってきた買ってきましたヨ〜

ファミ通の攻略本、ラジアータストーリーズファイナルガイドとテイルズオブリバースファイナルマニアックス〜カレギア見聞録(タイトル長いよ!!)

リバースの方は「いまさら攻略本出すなんて正気デスカ?」なぁんて思ったものですがしっかり買ってきてしまいましたヨ
ま、与太に付き合うのもまた一興。(あんた何様)


ところがどっこい、これが結構面白かった


さすがに4ヶ月近く経って、しかもナムコブックスで攻略本は既に出ている。
これでいつも通りの「完全攻略!」なんて謳う攻略本だったらまったく意味はナイ。

しかしこの攻略本はカレギア見聞録という題が示す通り、見聞きした話を記したように作られているのですよ。
これがかなり気に入ったので落ち着いて説明したいと思います。


最初のカラーページはゲーム中に登場した街の紹介。
街の設定画やイメージ画、グラフィックを交えて旅行ガイドのように各街の文化や特産などについて綴られています。
ゲーム中に語られる事以上の情報は少ないですが何も情報のない観光客に向けているかのような丁寧な語り口は好感が持てます。
この世界に生きている人たちには世界がこんな風に見えているのだろうという客観的な視点がまた面白いです。


そして攻略ページ
これはメインがストーリー解説。
と言うかヴェイグ達を見ている第3者(プレイヤー)がシナリオのあらすじ(よりもっと詳しい)を話しているようです。
文中に度々、話し手の主観が入ってくる辺りがここのようなプレイ日記の雰囲気を匂わせます。
もっとも「この仕掛けで苦労した」とか「この敵が強くて倒せない」といったプレイ上の難関には触れない、あくまでヴェイグ達が苦労したと書かれるのが完全なプレイヤー視点との違いではないかと。

ダンジョンのマップも書かれているがかなり簡略化されていますし、仕掛けについてもストーリー解説の中でこんなのがあったと語られる程度で詳しい解き方は記されていません。
宝箱の位置や出現する敵など簡単な情報のみ載っています。
詳しい攻略法に関してはこの本は当てにしない方が良いです。

敵データとか武器データとか、技や称号、そういう情報もあるにはあるけれど、これらも全てこの本の中では攻略の情報と言うより世界観を表す情報のように感じます。


「読むことで世界に浸ることができる攻略本」「カレギア王国の旅行ガイドブック感覚で楽しむ事ができる一冊」
帯に書かれているこれらのフレーズが正にこの本を表しています。
これはガイドブックです。
テイルズオブリバースという世界を紹介するガイドです。
一度このリバースの世界にふれた人たちに、この世界を今一度深く味わってもらうためのガイドです。

未プレイの方の興味を引くためのガイドではありません、決して。
ストーリーが最初から最後まで事細かに語られている為、むしろ未プレイの人には決して見せてはいけないものです。

カバーや中の紙質、デザインにページのレイアウトも一般的な攻略本とは違っていて、ゲームを楽しむためではなくこの本自体を楽しむように作られている事を感じます。


リバースは私には今ひとつ面白みを感じられない作品でした。
ですがこの本を読んでもう一度遊んでみてもいいかもしれないと思いました。
それほどに丁寧に魅力的にこの世界が語られているのです。

リバースを楽しんだ人も楽しめなかった人にもこの攻略本は薦められると思います。
違う角度から観光気分で気軽に見ることの出来るカレギアは、あなたが知っているよりは明るくてそしてもっと深刻な世界かもしれません。


人気blogランキング
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テイルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

ナムコレクション(BlogPet)

さはらは、人が延期された。
けどここへエースコンで購買するつもりだった?


*このエントリは、BlogPetの「さはら」が書きました。
posted by 植野砂原 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | テイルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

声が聞けるよーだ

テイルズオブレジェンディアのメインキャラクターたちの声が公式ページで聞けるようですね

一昔前に比べて家庭用パソコンの性能はぐんと上がって、回線はブロードバンドが当たり前な今だからこそこういう情報の出し方ができるのでしょう

雑誌の情報では音声は聞けないもんね

時代は大きく変わりましたね・・・・・・

時代が変わったって私のパソコン変わらないけどさ!
マイパソコンじゃ公式ページは重くて開かないのヨ!!!
画像は半分表示されたところで止まっちゃうしヨー(メモリが足りないそーだ)

ナムコさん!!
低スペックに優しくないことばかりしてると低スペックユーザーにいつか呪われちゃうんだからネ!!!!←そんなあぶないユーザーはおまえだけだ


人気blogランキングへ
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テイルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月12日

レジェンディア早売り情報?

ゲーム屋店員の戯言」さんのページでテイルズオブレジェンディアの主題歌・キャスティング情報を見ました。

セネル役:鈴村健一さん
シャーリィ役:広橋涼さん
ウィル役:千葉進歩さん
クロエ役:浅野真澄さん

・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
誰だかわかりません
全く知りません
とうとうテイルズのメインキャストが一人も分からない日が来てしまいました

アニメを全く見なくなってから幾星霜
いつかこんな日が来ることは予想していましたが・・・・・・・・意外に早かった


主題歌はDo As Infinityの「TAO」
・・・・・・・・・・またエイベックスなのデスか
そろそろエイベックスから離れてくれー

Do As Infinity 嫌いではないのだが、彼らの曲は今ひとつインパクトに欠けているように思う
聞くたびにもう一歩力強さが欲しくなる
TAOという曲が革新的な曲であることを祈ろう、こころのそこから


 そういえば近所のゲーム屋さんでリバースは新品が2980円で売っています
さみしいな


人気blogランキングへ
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テイルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月19日

【テイルズ】レジェンディア始動

 ここを見ている皆さんでしたらもうすでにチェック済みですよね。

テイルズオブレジェンディア

いやいやいや本当に何と言えば良いのやら、ヴィジュアル面をガラッと変えてきましたね。

ここまで変えてくるといっそ清々しい気分になります。

キャラクターに関してはあまり肯定的な意見を見ないのですが、実際そんなに肯定している人がいないのでしょうか。

私は逆に胸が高鳴ります。
ヴィジュアル面の変更で批判、不満があちこちから噴出する事くらい容易に想像出来ることです。
それでも敢えて挑んできた。
そこまでして変えたかったのは何か、そうまでして見せたいのは何か。
プレイヤーにどんな世界を投げつけようとしているのか。
ゲームのシリーズものを形作る特徴の中でも特に大きな要素を占める外見という要素を入れ替えて、それでも尚且つ【テイルズ】だと名乗る理由は何か。

外見が違っても『これはテイルズだ!』と思わせる作品を作り上げてくるか。

考えるだけで楽しみで楽しみで仕方ないんですけど。


 そもそもキャラデザに関しては藤島さんやいのまたさんと決まっているわけではないとエターニアの時にプロデューサーが発言していました。
それでもデザインの変更はかなり思い切った改革であるはず。
Tales Of Fanはテイルズオブレジェンディアのヴィジュアル面大改革を支持します

 是非ともスタッフの考える【テイルズ】という作品をプレイヤーにぶつけてきて頂きたいです。
そして外見だけではない【テイルズ】を見せて頂きたいと思います。


人気blogランキングへ
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テイルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

【テイルズ】Melfes始動

テイルズ次回作キャラデザは藤島さんでもいのまたさんでもない!?

新しい風を入れるのですか。

それにしてもこのキャラクターのシルエット。
こういう関節の絵は見覚えがある気がするんですけど…誰だったかな……?

18日を大人しく待つとしますか。
絵を分析して作者を割り出す気力がありません。


それより私はハードが気になるんです。
まさかPSP…?

******************************
 今頃発表ってことは発売は年末、11月辺りになるのかしら?

人気blogランキングへ
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テイルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月05日

TOEのパッケージ

 PSP版テイルズオブエターニアのパッケージが公開されました。

・・・・・PS版のピクチャーレーベルの絵じゃないですか、これは。


PSP版独自の新しい要素も無いようです。

絵がキレイになってマップと戦闘画面の切り替えが早くなって快適性が増しただけじゃ従来のファンは買いませんよ?

例えばエターニアがスーファミのソフトだったら、バックアップバッテリーが切れることを恐れて購入したかもしれませんが、あいにくプレステのソフトです。
メモリーカードはまだまだしっかり使えますし、お店でも売ってます。


 これはPSPを既に持っている人がちょっとRPGをやりたいな〜と思った時向けのソフトなのかもしれないですね。
PSPは未だ持っていない私は購入を控えます。

買うとしたら1〜2年後ではないかと。
その頃には3800円くらいで買えるかもしれないしね(^^;)


人気blogランキングへ
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テイルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月23日

PSP版TOE

 PSP版テイルズオブエターニアの発売日が決定しておりました。

ぜんぜんきづいていませんでした。

まがりなりにもテイルズファンを名乗っているくせに何やってんでしょう私は。


 それはそれとして、発売日は3月3日、桃の節句でひな祭りの日。
女性が購入する場合は百円引きとかやらないでしょうか。やらないでしょうよ。

 そういえばTOEにはポケットステーション対応のミニゲームがありましたが、あれはどうなるんでしょう。
ゲーム内で普通に遊べるようになるのかしら。

ムービーもゲーム画面も音楽もほぼそのまま移植といったカタチ。
視点が少し引き気味になって大きく見渡せるようになっているくらいしか目に見える変更点はないかな。

追加要素の情報が未だに何も出されていないのが気になります。
もしかして何も無いんじゃ・・・・・・・。
いやいやいや、そんなはずはないと信じたい。

だけど、もしもPSP版TOEが「PS版を持っていない人=新たなユーザー」に向けての作品だとしたら?
追加要素は無くても別に構わないんですよね、製作側としては。
古いユーザーにとっては寂しい想像ですが、所詮は想像なので公式の発表を待ちましょう。


 とりあえず今の時点で私は発売日に買う気は起きません。
TOEがやりたくなったらプレステで遊びます。
プレステ版だって問題なく遊べる今、PSP版でなければダメなんだ!と思わせるものが無いとちょっとね(^^;)

人気blogランキングへ
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | テイルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月18日

「小生」とは

 「小生」とは男性が自分の事をへりくだって言う時に使う一人称です。

テイルズオブリバースでは七大不思議を探すフランツさんが使用していましたね。


なんでこんな事を書いているかと言うと、以前どこかのブログで「小生って方言?」と書かれていたのを思い出したからです。
確かに日常で使われる事は稀な言葉ですから知らない方もいて当然です。
学校で教わった記憶は私にもありませんしね。

ですが知っていて損することでも無いので、もしもここを見ている方で知らなかったという方は頭の片隅にでも留めておくと良いかと思います。
きっと人生がほんのちょっぴり豊かになります。


人気blogランキング
↑このブログを面白いと感じた時に押して頂ければ幸いです。
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | テイルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テイルズオンラインやってますか

 テイルズオブエターニアオンライン。
以前βテスト参加者を募集してましたが皆さん応募されました?

私はしてません。
パソコンのスペックが足りないです。

最近のオンラインゲームの中では比較的低スペックで遊べますってのがウリでしたのに。
そんな気遣いも無に帰すネット環境

本サービス開始までにはもうちょっと良いのを揃えます。揃えたい。揃えるといいな。

βテストも延期になったそうですし、本格開始もいつになるのかな。
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テイルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月16日

大失態

きやああああああああぁぁぁ

わーすーれーてーまーしーたーーーーー


ナムコのHPで行われていた アンケートに答えるの

テイルズオブリバースの感想を答えるものでしたのに
すっかりきれいさっぱり忘れていました
15日締め切りなんてもうとっくに過ぎましたヨ!

好きな所はきっぱりはっきり「好き!」と嫌いな所はそっとオブラートに包みながら「嫌い!」と叫ぶように思いの丈をぶつけようと目論んでいたのに。
テキストファイルにして40キロバイトに及ぶ感想文になる予定でしたのに。無念。(そんな無駄に長いのを読むスタッフは居ないに1000点)

感想は頭冷やしてから書こうって後回しにしないで、このブログに書いた感想まとめてコピペしちゃえば良かったかしら。
うぅ〜ん、悔しい。

人気blogランキング

*********************
この記事、投稿日時が2004年になってマシタ。
道理でトップに表示されなかったわけです。
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テイルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月13日

テイルズ兄妹

 ナムコのHPのなりきりダンジョン3のページで「妹コンビ、リリスとアミィにもなりきれる!」なんて書いてあったの見て真っ先に考えちゃったコト。

セレス入れて妹トリオにしようよ

ワイルダー兄妹が相当好きらしいですよ、私って奴は。

だけどリリスとアミィの服なら「なりきり2」でもあったモノでしょ?
今更スクープ扱いすることかしら?
リリスやアミィの服着てスタンやチェスターと組めばイベントが起きるとかパーティ称号がつくってのなら話は別なのですが。
・・・・なぁ〜んにも無いもんねぇ・・・。さみし。


 そういえばテイルズには男兄弟が少ない、というかいない。
リフィル先生にはジーニアスって弟がいるけれど、一緒に旅をしている。
「故郷で兄や弟が俺をの帰りを待っているんだ」・・・・なんて言う人いないよね。
男性キャラを故郷で待っているのはいつも姉か妹。男はいない。
なお女性キャラの場合はそもそも待っている兄弟がいない。

弟はともかく、兄が故郷で待っているテイルズキャラというのはこれからも生まれないのかしら。

それとも兄は幼い弟や妹たちを守るために前線で戦わねばならない運命を背負うものなのかな。
別にいい気がするんだけどなー。下に生まれた子達が常に守られねばならない決まりはないでしょ。
第一子である男児のプライドはそれほどまでに高くあるべき?

スタッフさんがそんなことを考えてストーリーやキャラを組んでいるとは思えないですが、そんなどうでもよさそうな所にちょっと疑問を感じてくれないかなと願ってみたり。
無意識の内に縛られている特に必要でもない常識がありそうではありませんか?
間違っても、ただ単純に「故郷で待つ兄」というキャラを出してくれって要望ではないデスヨ(^-^;

人気blogランキング
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テイルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月09日

OPムービー個人的ランキング〜♪

 今日はプレミアムDVDを見ましたー♪

初回特典として付いていたDVDです。 テイルズオブデスティニー2の

古いね!!正に今更だね!!!
かれこれ2年以上開封される事も無く放って置かれていた物デスヨ。
おかげで熟成されて収録映像もより深みを増し(嘘はイカンよ、嘘は)

熟成したのは嘘だと思いますが(2年前に見ていないので比較出来ません)、開封していなかったのは本当です。
こういうのは一度タイミングを外すとずっと見ないものです。
ですがこのブログを始めたせいか、とみに歴代テイルズを振り返りたくなったので引っ張り出してきました。

で、とにかくやっと見たわけですよ、テイルズOPムービー集と関俊彦さん(大ファンv)のインタビューを。(興味ある所だけ掻い摘みました)


いやいやいや、もう、何から言いましょうか、

持ってて良かったこのDVD・・・!

特にOPムービー集が素晴らしい!
これだけでも予約して発売日にテイルズオブデスティニー2を買った甲斐があったと思う!!(クリアしたのが2年後でも!)
心の底から叫び出しそうです。

もうもうもう好きだ好きだ好きだ本当に好きだ大好きだ。

記憶の中で美化されていたんじゃなかった、改めて認識した。

テイルズオブデスティニーのOPムービーが一番格好良い


 穏やかで緩やかな流れを見せる前半部分。
歌のサビ部分の盛り上がりに合わせて映像も派手に激しくなり、それが続くかと思いきやラディスロウの浮上の絵で一旦スピードを落とし、そして戦闘画面で再び疾走を見せる。(この戦いの場面に入るタイミングがまた「うまい!」としか言いようが無いのですよ、コレが)
キャラクターの動きが少なくなりカメラのみを動かして落ち着きを見せていき、そしてラスト。
ラストのソーディアンとそのマスターを交互に映し出していくテンポの良さ。曲のリズムと調和していて何と心地よい事か!!
最後の収め方が冒頭とリンクしていてまた綺麗なんだよ・・・! あの空っぽの箱、それは始まりか終わりか。

映像の緩急の付け方が本当に見事なんですよ。
曲だって映像だって全体的にはアップテンポでは無いのに否が応でも盛り上がって気分が高揚してしまいます。
最近のテイルズのOPムービーにはこの高揚する感覚を覚えないのよぅっ!!!
テンション上げて「さあ、ゲームするぞ!」って気分にさせるのがOPの役目だと私は思ってます、ハイ。


 また、これは曲も良いのです。
DEENの「夢であるように」。これ、名曲。
おそらく私の生涯の名曲ベスト10にはランクインすること確実。
初めて聴いた時に一目(?)惚れ。好きって気持ちが全身から溢れて弾け飛びそうな感覚に襲われました。
こんな気持ちになった音楽は後にも先にもきっとこれだけ。

この曲を初めて聴いたのは体験版に収録されていた絵コンテムービー(曲に合わせてOPムービーの絵コンテが流れる。余談だがムービーではラストのスタンは微笑んでいるがこの絵コンテではにっこりと目を細くして笑っている。)でした。
この時はCDシングルもまだ発売されていなかったので、毎日毎日プレステを起動してはこの体験版ムービーを流してこの曲を聴いていました。
毎日聴かないと気が済まなかったんですよね・・・。
それまでDEENには「どっちかって言えば好きですよ」ってぐらいの興味しか無かったんですが、この曲のおかげでファンクラブに入会するほどになりました


 音楽と映像の相乗効果で寒気にも似た痺れが脳天から背筋に走って全身が粟立つ。
恐怖しているわけでもないのにこんな表現はおかしいのかもしれないけれど、それでも実際に鳥肌が立ってしまうのだから他に言いようが無いじゃないか!
またこのDVD、ゲームで使われたものより映像が鮮明なのが嬉しい。

もう ひとりでスタンディングオベーション (ブラボー!)



 ついでに語るとテイルズオブファンタジアのOPムービーも大っっっっっっ好き!!!!!です。
こちらは夢であるようにとは違ってアップテンポの曲なんでそれに合わせて映像のテンポも速め。
一つ一つのカットが短くポンポンと切り替わっていって、イントロ部分と終盤以外は映像が疾駆する印象を与えます。
その短いカットがそれぞれストーリーの重要部分の映像なんだと気が付いてしまうスーファミ版からのファンはもう胸がドキドキ(笑)
またそのカットがどれもこれもカッコいいんだ・・・・魔方陣から術発動させるクラースの俯瞰視点の図は初めて見た時鳥肌立ちましたヨ(めろめろめろ)

それでも順位をつけるとデスティニーより下になってしまうのは曲の好きの度合いの差かな。
「夢は終わらない」も思い入れがあるし好きなんですけど、「夢であるように」は別格なのです。

あ、それとアーチェのひいきされ具合が気に入らなかったのも理由。
アーチェ大好きだし、人気があるのも知ってるけど、でもやっぱね、主役は誰だ?って感じてしまうの(^^;)
彼女は曲調に合うキャラだし、色んな動きさせられるからなんだろうけど。事実、彼女の動きは見ていて楽しくて、そしてとても可愛い。


 この二つのOPムービーは見てるとテレビに抱きついてちゅーしたくなるほど好きです。(バカですかあなたは)
でも本当に抱きつくと映像が全く見えなくなるのでやりません。
抱きついても画面が見えて曲が聞こえるなら本当に抱きつきそうです。(バカですねあなたは)



3位以下はこちら。

3位 テイルズオブシンフォニア
 GC版のみしか見ていませんが曲が結構好きでゲームを起動する度にムービーを見ていました。
ただ戦闘の場面でさえもスピード感がなくて、映像が全体的にのんびりした印象を受けてしまいました。
あれにはどぎまぎしましたけどね。ゼロスの流し目、流し目、流し目が・・・・!(阿呆)


4位 テイルズオブデスティニー2
 映像は割と好き。曲調に合っていて軽いリズムに乗って流れていく様が良かったです。
ただ如何せん、ふわふわと浮いた玉が勢い余って転がっていくような声の質感が剣と剣のぶつかり合う戦いの世界にそぐわないと感じました。
曲だけ聴くとかなり好きなんですが、RPGのOPとしてはどうだろうって思いました。


5位 テイルズオブエターニア
 これもかすれ気味の声の質感がOP曲として聴くと盛り上がりに欠ける・・・・。
曲だけ聴けば好きだって思うのにね。
映像も見せ方が散漫でやたら平板な感じが・・・・特にフォッグ!「とりあえず出しました」って雰囲気がするのは私だけ!?
サビの最後の方でメルディが「にこっ」と笑うタイミングとかチャットのアップからカメラが引いていってバンエルティア号が「ざばーっ」と出てくる絵はとても好き。


6位 テイルズオブリバース
 今までの作品とは絵の見せ方が全然違いますね。
キャラを見せるよりも物語を見せるようにしている雰囲気があって、本編への期待を高める効果を狙ったのかな?
でも、なんてゆーか、その、曲調がね、大人しすぎて、あの、どこで盛り上がればいいのかわかんなかった・・・・・。
この曲、ベルサスのイベントとは噛み合っていて本当にいい相乗効果をもたらしていたと思うんですが・・・・。
これも例の如く、曲だけ聞けば好きです。


 やっぱりOPには曲も映像も盛り上がる所はキッチリ盛り上がるメリハリある物が良いな〜と思います。
次かその次くらいには男性ボーカルの曲を希望ー!
女性ボーカルでもいいんだけどね、どっしりとした芯のある声が剣戟の場には似合うと思うのデス。



 さてと、またデスティニーとファンタジアのムービーを見ましょうっと〜♪

人気blogランキング
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | テイルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。