2005年09月01日

クロエ編とモーゼス編

 二つとも今一歩惜しいなぁと思ってしまう。
いや、クロエ編は一歩どころじゃない、五歩は惜しい。

冷静さを欠きまくりの感想なので今回の記事はあまり人に見せたくないんですわ、実は。

それでも、賛同者が、たったの一人でもいたらウレシイな〜〜〜〜、なんて思ったり思わなかったり(どっち)

 さて、クロエ編。
これは今までの四つの中では大差をつけて最下位。個人的に

クロエの苦悩の描き方は大変好みだったのですが、最終的に出した結果がどれもこれもキレイにまとまりすぎたな・・・・・と。


「仇討ちなんて本当はしたくなかった」・・・・・でも自分の両親を殺した人なんだよ?
仇討ちをしたところで死んだ人は帰らないし、そんなことを故人も望まないかもしれない。
けれど、それでも、許せる?
あっさりと許せる?

どれほど相手が罪を悔いていても、それが親心から犯した罪だったとしても、許せる?
私は許せない。

許すしか方法がなくてもそれを昇華するには何年もかかってしまうだろうし、それまでは相手のことを心穏やかに見ることは出来ないと思う。
クロエにそういう惑いが描かれていないのが、腑に落ちない理由。

両親の殺害により居場所を失う → その悲しさを敵憎さに摩り替えた → しかし新たな居場所を見つけた → 悲しみが消える → 憎さも消える

こういうことなんだろうけれど、これだと始めから両親を殺した人に憎しみはないことになっちゃうんだよなぁ・・・・・。
それは流石にないというか人として出来ないことと思うんだけど。

どうしてもこのシナリオは問題のすり替えが起きているような気がしてならない。
それとも私の理解力がなさすぎなのか!?


 そしてもうひとつの結果、横恋慕について。
これまたキレイに誤魔化そうとしているな〜と感じたのは私が汚い大人だからですか?

でもさー、横恋慕とか三角関係ってもっとドロドロするだろ?ゲンジツ的に

ああいう女の方ばっかり気持ちを言って、男の方は何も語らず態度で推し量ってくれという展開はすっげームカツクんだ!!!むかっ(怒り)
男もハッキリ言え! ケジメつけろ! 女ばかりが一人で浮かれていただけなんてあああもう! これ以上書くと危険極まりない発言が飛び出すこと確実なので自制します。

子ども向けのゲームでそんなドロドロ愛憎劇なんて見せられないとは思うけどさ〜(ゲームは夢見せるもんだ)、でもキレイな誤魔化しを見せるくらいなら始めから横恋慕の展開にはして欲しくないと鬱陶しい大人はネットの片隅で思うわけです。

個人的怨恨みたいな感想になってしまったあせあせ(飛び散る汗)




 モーゼス編は終盤の「水を差すようで悪いんだけど」でマジで水差された
それまでの涙が引っ込んで、でも笑うことも出来なくて。
必死になりすぎて前以外が見えなくなっている人々を嘲笑うような展開に見えたんだ。

ここは誰かが必死の思いで考えついて提案するという描き方で良かったんじゃない?

ラストに向けて天上に近づいていた感動の数値がクライマックス直前でいきなりズドーン!と地獄の底まで叩き落されると、クライマックスだけじゃ地上にすら這い上がるのに間に合わない

ラストの別れを見ていてもいつ落とされるかとハラハラしてしまって素直に感動出来なかったデスヨ・・・・・・・・・・・。

それまではモーゼスとギートがどうなってしまうのかで心底ハラハラしていたのに・・・・・・・。

今回のレジェンディアではシリアスな展開の中にも軽いノリがたっぷり混ぜ込まれていて、私はそれをとても快く思っていたのですけれど、モーゼス編のラストだけは入れるところ間違ったとおもう。



それまではホント良かったんだ! スゴク良かったんだ!
モーゼスの苦悩とかふたりの絆とか

家族愛大好き

「家族に今も昔もない」なんてモーゼス、あんたってやつはなんて懐の大きいヤツなんだ

ぼかすことなく「ギートを殺す」とハッキリ口にした時も頭クラクラきたよ。
その決意の重さに、痛ましさすら感じたよ。
やってはならないことをしたギートを許せなくて許してはいけなくて、そして何よりギートにこれ以上誰も傷つけさせたくなくて、それ故に口にした決意の言葉。
「殺す」という言葉をゲーム内でこんなに重く感じたのは初めてだったよ。

ラストもね、うん、ふたりがまた出会えますようにと祈らずにはいられません。
(直前で盛り下がったが。)




人気blogランキングに投票してみますか?
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | テイルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
で、いきなりですが申し訳ありません…。
トラックバックさせて頂いたのですが、うっかり(…)2度送信してしまいました。
お手数をおかけしますが、ひとつ削除して頂けますでしょうか。
Posted by mayoru at 2005年09月06日 01:09
 mayoruさん、いらっしゃいませ。
このような辺境の偏狭なblog記事にトラックバックしていただきありがとうございました。
ちょうどレジェンディアの感想が書かれたサイトを探していた所でしたのでmayoruさんのブログを知ることが出来て大変嬉しかったです。

またのご来訪、心よりお待ちしております。
Posted by 植野砂原 at 2005年09月07日 00:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6432471
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

tales of やりすぎlegendia(8)
Excerpt: プレイ開始から47時間と46分が経過.キャラクタークエスト・クロエ編が終わったとこまで.(7)の時間メモは間違い.確か42時間くらいだったはず. で,キャラクエの話ですが.んー.本編よりこっちのがお..
Weblog: 屋上をめぐる冒険
Tracked: 2005-09-06 00:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。