2005年08月24日

移植万歳

 大変面白いです。ドラゴンフォース。(公式サイト)。

イベント絵や顔グラフィックは全て新たに描き起こされており、一部のイベントには音声を追加。
しかしセガサターン版に思い入れが強い人向けにサターン版のグラフィックに切り替えることも可能。
音声も当然消せます。
スゴイね。

どんだけ過去のファンに親切なんだ

グラフィックも原画も当時のスタッフが担当しているとは言え、十年近い年月により当然絵柄も変わっていてそれを受け入れがたいファンもいるでしょう。
今の絵柄も好きという人にも新旧グラフィックを比較する楽しみがあります。
(私は後者)

ヴィジュアル面って重要ですよね。
特にドラゴンフォースはヴィジュアル面でも強い印象を与えたゲームだと思いますし。
それに気遣ってくれることは非常に嬉しいです。

そういえば名前は違うけれど顔グラフィックが同じだったクローン武将たちにもそれぞれ固有顔グラフィックが作られていて見分けが付きやすくなりました。
正確に言うと精霊使いならこの顔、魔法使いならこの顔、という風に顔の作りは同じなんですが。
が、しかし髪型や服装、瞳の色などがそれぞれ違うのできちんと別人に見えます。
髪型違うと顔同じでもホント雰囲気変わるよ。
顔も喋る台詞も同じなのに好みの差がハッキリ出てきてしまうぐらいですヨ。



 ゲームバランスやゲーム内システムに関してはベタ移植

バランスがあの頃のままなのは喜ばしいです。
易しすぎず難しすぎず。

どこの国に進軍するか他国の侵攻にも気を配りつつ頭を悩ませ、いざ戦闘が始まったら少ない兵と乏しい兵の種類と相性に頭を悩ませ、と思ったら盗賊集団が背後から城を襲撃!
こんな風に序盤から中盤にかけてはリアルタイムで次から次へと進軍が行われるので兎に角忙しいのですが思考が追いつかなくなったらスタートボタンで一時停止。
城で迎え撃つか(ダメージボーナスが得られる代わりに城レベルが下がり兵の収容人数が減る)、外に打って出るか(地形と兵の種類によっては攻撃力ダウン)。
ゆっくりじっくり考えて、時には城を捨てて逃げる選択もしなくてはなりません。

そして兵力を蓄えて反撃のチャンスを伺い、隣の城の武将数が減った所で襲撃!
敵武将は逃亡させずに捕らえられれば尚GOOD。
捕虜にした武将は何回か説得すればこちらの味方に引き入れられます。(例外あり)
敵を減らして味方を増やす。
これ重要。

襲撃した直後に違う大量の兵を抱えた師団が間近に迫ると恐々としますが、勝ち目が無いと悟ったら逃げる!
城なんか捨てる!
戦った負けたら捕虜をとられます。
せっかく捕らえた捕虜を盗られるのはマズイんですよ!
このゲームにおいて武将数は非常に重要なんですよ。
人は城なんですってば!
武将と雇用兵士を蓄えたら再び襲撃!

そんなこんなを繰り返してちゃくちゃくと領土を広げていきましょう。



システムに関しては直して欲しい所があったな(^^;

たとえば進軍画面での時間早送り。
中盤まではあっちこっちで侵攻が起こっているけれど、大半を制覇し終えるとすることが自軍兵士の移動のみになる時があるのでこういう時は非常にヒマ。
コントローラーを放っておいてしばらく待ってようとすると「○○城のレベルが上がりました」との文字アナウンスがあってそこで一時停止になったり・・・・・・。(決定ボタンを押さないと文字アナウンスは消えない)

自軍武将の数が増えると出てくる問題はページ送り。
褒章を与える武将を選ぶ時にズラッとアイウエオ順に名前が並ぶんですが、ア行の名前なら良いんですよ。
ハ行とかナ行の名前だと「もう褒章やらなくていいや」って気になりますヨ
カーソルを下に送るのがもうメンドくてメンドくて・・・・・・・・。
ワ行とかラ行の人はR1ボタンを押せばカーソルが一番下に行くので実は楽です。
ここで一番下でなくて1画面分ずつカーソルが移動すればかなり楽になるのに・・・・・とゲーム中に思うことが何度あったか。

築城・探索も自動で行うコマンドがあれば良かった。
たしかこの機能はドラゴンフォース2ではあったはず。
たしか手動で行うより成功率が下がるようになっていた気が。
手動・自動と選べたのがミソ。
探索成功・失敗時の台詞を見たい時は手動にすれば良い。
選べるってのはいいことだ。

2では進軍場面の時間早送りも出来たんだよね。
1のファンには随分と評判が良くなかった2だけどシステムに関しては1の不満点が随分と改善されていて良かったと思うのにな。
これを導入することは出来なかったのかな。
(余談ですが私はドラゴンフォース2も大変好きでした)



 ま、不満は不満としてあるにはあるけれどちっちゃいこと。
懐かしさと相まってのこの楽しさの前ではささいな問題。(もっともそのささいな問題が解消されればより強く楽しめるのにという残念さもある)

これで(税抜)2500円というのは安いね。
2度も延期して人件費だって掛かっているだろうに、この値段で大丈夫なのかしらと余計な心配までしたくなるネ。
この値段なら旧作をプレイしたことの無い人も手に取ってみようと思うんじゃないかしら。
そんな人がいたら声を大にして言いたい。

その辺の五、六千円の凡庸なRPGとは桁違いに面白いぞ!


ありがとうありがとう。
こんなに旧作ファン心理に沿った移植をしてくれてありがとう!
そしてこれだけの年月が経っても尚面白い作品を作ってくれてありがとう!
スタッフの方々に礼!(>▽<)ゝ



人気blogランキングに一票を投じる時はここをクリック
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラゴンフォース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『ドラゴンフォース』インプレッション
Excerpt: 移植万歳(Tales Of Fan)音声も当然消せます。スゴイね。どんだけ過去のファンに親切なんだ 植野砂原さんのインプレッションです。煩雑さを伴う操作方法を強いられることがある点が短所に挙がるものの..
Weblog: GameNews Watcher
Tracked: 2005-08-24 09:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。