2005年01月19日

胸に留め置くこと

渾身猫パンチさんの「まとめるつもりなんざありゃしねぇ
毎週大河ドラマ「新選組!」の感想を優しさと厳しさを持った視点から書かれていて、足繁く通っていたサイトさんでした。

なんでその新選組!サイトをここで紹介するのかというと自分への戒めと言いましょうか、頭の中に留めて置きたいものがあると言いましょうか。
こんなゲームの感想ブログにリンクを張るのも気が引けて今までやっていなかったのですが、改めてあちらの記事を読んでやはりこれは留めて置くべきだろうと思いリンクしてみました。

特に『何かを「嫌い」と言う人より「好き」と言う人のほうが、たいていその何かについて多くを見ている。だから「嫌い」と言うときは心持ち謙虚になっておいたほうが間違いはない。』このくだり。

好きであることを誇りにする人は多くても嫌いである事を誇りにする人は少ない。
たぶんそれは『多くを見ている』自負の差なんじゃないかな。
嫌いと言う言葉を使う時、自分は狭量な人間になりがちで視野も狭まるのを感じる。

私はちゃんと良い所も見ているのかな。その上で嫌いと言っているのかな。

色々な作品に抱いた感想を綴るに当たって忘れたくないことがある。
出来る限り多くをみること
嫌いな気持ちに捕らわれないこと
好きという意見を見下さないこと

誉めることが苦手で否定意見のみを綴りがちな自分への覚え書き。
『全ての娯楽が人を幸せにするためにある』のならこの日記だってそうありたい。


人気blogランキング
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。