2005年01月19日

いまごろドリマガ

 ドリマガ1月号を読みました。
発売されたのは2004年のことです。
ちょっと読むの遅いです。

・・・逆転裁判の連載コラムだけ読んで放ってあったの。

さすがにそれは勿体無いので他の面白そうなページを探してみることにいたしました。

そしたらそしたらなんと!キャメロットのメインスタッフさんのインタビュー記事があるではありませんか!
私の愛する「シャイニング・フォースV(以下SF3)」と「黄金の太陽」を開発された皆様のお言葉とあれば聞かないわけには行きませんぜ親方!(誰よ)


・・・・・SF3のシナリオってネットで情報交換されているのを見ながら作られていたんですね・・・・・。(知らない方へ:SF3は3部作になっていてシナリオ1,2,3の順で発売されました。)

おそろしい。ネット上で迂闊なこと言えないじゃないですか。
あの戦闘もユーザーへの意地悪だったのね・・・・・。

ま、こんなへんぴなページまでは覗いていらっしゃらないでしょう!安心!


 「黄金の太陽」も続き出るの?
インタビューを引用すると「今までの2本はプロローグ。今後やりたいエピソードはいろいろあるんですよ」
・・・・・これは続きを期待していいのでしょうか。
「失われし時代」が出てから幾星霜(大げさ)、謎を多数残したまま終わってしまったあの話の続きが書かれることはあるのかと待ち望みながらも何の音沙汰もないことに諦めかけていましたが・・・・・期待するよ?
仮に続編でなくても、同じシステムのRPGが遊べたらいいなと思うのです。
あの謎解き仕掛け満載のダンジョン。燃えるね!


『シャイニング・ザ・ホーリィアーク』もやり直したくなってきました。
これ、敵がやたらと強かった印象があるんですけど実際はどうなんでしょう。
常にHPとMPがピンチになっていた記憶が・・・・。


 この記事の締めに困ってしまいましたので纏まらないまま無理やり終わります。まる。


 おまけ。私のペンネームが変わっています。普通の名前らしいペンネームに変更いたしました。中身は変わってません。

人気blogランキング
posted by 植野砂原 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シャイニングフォース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。